【深刻】日本を襲う人口減少〜未来の子供達に出来る事は〜

Uncategorized

結論
この先の日本は地獄。
今から出来る事は、戦略的に縮んでいく事。
国力が衰退しない様に土台作りのやり直しを行う事が最善の対策である。
by 河合雅司

 

果たして本当に方法は無いのか?

日本が今、将来におかれている状況が上の結論通りになると言われています。

私達が出来る事、未来の子供達に出来る事はないのか?

一人一人が真剣に考えなけれがいけない時期に私達は立たされているのだと思います。

 

向こう20年で起こる出来事

 

この年表は河合雅司氏の著書である「未来の年表」を元に書き進めて行きたいと思います。

 

・2020年 女性の半分は50歳を超える

・2024年 全国民の3人に1人は65歳以上

・2027年 輸血用血液の不足

・2033年 3戸に1戸が空き家になる

・2039年 火葬場が足りなくなる

・2040年 自治体の半分が消滅

・2042年 高齢者の人口がピークに達する

未来の年表  河合雅司より

 

向こう20年に起こる事を簡潔示した人口減少年表になっています。
上の年表は、かなり正確に示した人口減少の年表と言われており
人間が毎年一歳づつしか歳を取らない事を前提とすると上記の様になるそうです。
物凄く当たり前の事実で示されている年表であると推測されます。
もし上記の人口減少年表が覆るとすれば

核戦争や天変地異で日本人口が消滅に近い状態になる

事だそうです・・・。

そんな事が起こらない限り
年表通りに事が進んでいくと言う事実から逃れる方法が無いなんて
ノストラダムスの1999年の予言より死ぬほど怖いと私は感じました。
言うといたら誰かが怖がる程度では済まさせません。

それでは気が進まないですが
時系列を追ってもう少し詳しく紐解いて行きたいと思います。

 

2020年 女性の半分は50歳を超える

 

 

2020年はもう来年に迫った話になります。
来年には女性の半分は50歳以上となり
子供を産める年齢の女性が少なくなると共に
結婚出来る男性が少なくなると言うことになります。
遥か太古の時代から、女性が主体で世界は動いて参りました。
現在の地球の人類の誕生も5人の女性から始まったと言われています。
その女性の高齢化が始まると言う事は、終わりの始まりとう事の
他ならない証拠なのかもしれません・・・。

 

2024年 全国民の3人に1人が65歳以上

 

 

私は今現在でも感じている事があります。
先日まで東京に住んでいて仕事の関係で田舎に引っ越しました。
その時に感じた最初の感想は

駅に若者が少ない事。

右を見ても左を見ても高齢者が目に止まると言う現実です。
東京にいる時はあまり気にはしませんでした。
しかし、少し都会を離れるだけでその様な光景が嫌でも目に止まる様になりました。
現在の日本は社会保障費について度々、議論されています。
ここでは詳しくは触れませんが
(カッコつけてますが私が自信持って話せません 汗)
*追記します!
2024年には膨大に社会保障費が膨らむであろうと予想させています。

 

2027年 輸血用血液の不足

 

 

単純に血液が足らなくなる。
負の連鎖は止まらないです。
血液が足らなくなるという事は、救える命も助からなくなる
そういう事に他なりません。
私も献血は見かける度に必ず行う様にしています。
有楽町の駅前では毎日の様に献血の呼びかけが行われています。
私はAB型であり、その中でも特殊なRh-という
2000人に1人の血液をしています。
ですので赤十字の血液ガイドラインにもある様に
特別な血液として日々貢献しております。
抜いて抜いて抜きまくる人生を20歳から続けています!!
しかし、こんな私の様なRh-という特殊な血液で無くとも
血液が足らなくなる日が7年後に控えています。
10年後の献血の呼びかけには、もしかしたら

「献血参加者には採血量毎に〇〇円をお渡しします!」

という冗談では無く、金銭が受け渡される
そんな事が本当に行われる日が来るのかも知れません。

 

2033年 3戸に1戸が空き家になる

 

 

この問題は田舎に住んでる方には
現在進行形で痛感する問題なのでは無いでしょうか。
私の田舎はまだ限界集落と言われるまでの地域でありませんが
先日帰省した際には、もはや2戸先の家が空き家になり
向かいの家も空き家となっていました。
空き家となった理由は、夫婦死去と老人ホーム入りという
今の話題そのままの少し悲しい状況でありました。
そして現在進行形で我が両親の住む実家の周りの家は
人がいなくなり空き家になる予定だそうで
そろそろお前も実家に戻ってくれないか?
という無理難題を突きつけられています。

 

2039年 火葬場が足りなくなる

 

 

ここからの事態は私の人知を越えています。
火葬場が足らない状態って何?っていう気持ちです。
実際に火葬場待ちで1週間放置の状態になったり
ホテルが遺体安置所となりひっそりと運営しているとか・・・
私の知識不足を埋める為にもこの問題は追記を行って行きたいと思います。
しかし、高齢化社会が進み高齢者が増え若者が少なくなれば
こういった事態は想定できますよね。
それであっても打つ手がない状態である事が現状なのです。

 

2040年 自治体の半分が消滅

 

 

自治体の存在意義とはなんでしょうか?
まず自治体とは俗称で、正確には「地方公共団体」です。
その地方公共団体は、そこに住んでいる人々の生活を支える事です。
ですので地方公共団体は考えるのです。

子育てしやすい様に公園や託児所、その他環境を整えよう!!

高齢者が住みやすい街にする為にバリアフリーを進めよう!!

地域住民が集え交流できる施設をもっと整備しよう!!

などなどノープランの私でも出て来る様な上記の事を
しっかり考えて現実にしてくれるのが
自治体の役目なのです。

その自治体の半分が消滅するのです。

自治体の消滅は

「ここに住んでも何も、何ぁーんもありません」

そう言われているに他なりません。

言わば住まないで下さい!!

そう言っている様なものですね。
自治体の半分が消滅。
大きいまとめになっていますが
今現在住んでいる県の半分の市、町単位が消滅する。
そう思っていて間違いはないと思います。

 

2042年 高齢者の人口がピークに達する

 

 

未だ見ぬ2042年に高齢者の人口がピークを迎え
65歳以上という高齢者化率は3,868万人で一旦ピークに達します。
この指数が何を示しているか私は今だにピンっと来ていません。
アホな私でも分かるのは高齢者のピークが2042年であり
その後は指数上減って行くと言う事。
またそれまでに絶望的な20年が起こるという事実のみです。
人口問題を取り上げる記事を書こうと思ってから私は
色々な視点から調べて見ました。
その上でわかった事は
この問題を取り上げているブロガーや署名人の中の何人が
本当に意味が分かって取り上げ感じているのかという事。
何故なら、この問題に対して明確な答えを出しているブロガーや著名人の方が殆ど居ないのです。
皆本当の事を理解せず、小手先だけで記事にしているとはっきり分かります。
私も人口問題を取り上げた途中から色々見失いました。
今後も追記を行なっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。